株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

「ビジョンの実現」を最優先できる環境なんて、ないと思ってた

入社前は「ビジョンを実現するためなら何をしてもいい」と言われていたはずが、いざ働きはじめたら目標数字を追いかけるだけの日々を送っていたというケース、あると思います。

会社経営における数字の意味は理解していても、期待と現実のギャップが大きいとどこかモヤモヤしてしまいますよね。

しかし、私たちピースオブケイクは少し違います。

会社としてのミッションを達成するためであれば、ポジションを越境した仕事

もっとみる

企業のメディア運営やコンテンツ制作を支援するnote pro編集パートナー、くいしん、しゃかいか!、シーザスターズ、専門家@メディア、ナイルが新たに参加。計16パートナーになりました。

企業のための情報発信プラットフォーム note pro の利用企業を支援する「 note pro 編集パートナー 」に新しく5社が参加されました。企業メディアの運営で豊富な実績のある、くいしん、しゃかいか!、シーザスターズ、専門家@メディア、ナイルです。

ピースオブケイクは企業と note pro 編集パートナーの出会いをお手伝いすることで、個人や企業のだれもがメディアとなる時代に向けた「創作を

もっとみる
ありがとうございます!ほかのnoteにも遊びに来てください😊
26

【掲載情報】AERA(7月22日号)でnoteとディレクター水野のコメントが紹介されました。

今週発売のAERAに掲載されている「採用は全部さらけ出す企業が信用される」にnoteとディレクター水野のコメント、note活用例としてGoodpatchの土屋さんが紹介されています。ぜひ、手にとってご覧ください。

紙面で紹介されている土屋さんのnoteは、コチラ。

note運営のピースオブケイクとUUUMが資本業務提携しました。

noteを運営する株式会社ピースオブケイクとUUUM(ウーム)株式会社は、2019年7月12日に資本業務提携の契約を締結いたしました。ピースオブケイクはUUUMを引受先とした第三者割当増資を実施することになります。

ピースオブケイクのミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」、UUUMのミッションは「セカイにコドモゴコロを」です。価値観を共有できるわたしたちは、このパートナーシッ

もっとみる
ありがとうございます!ほかのnoteにも遊びに来てください😊
73

幻冬舎×テレビ東京×note「#コミックエッセイ大賞 」結果発表!応募総数4212件から、グランプリ含めて11作品を選出。

noteとテレビ東京と幻冬舎で、書籍化や映像化のチャンスがあるコミックエッセイの投稿コンテストを開催しました。コンテスト期間中に4212作品の応募があり、審査員による選考で受賞作品が決まりました。

本コンテストの審査員は「あたしンち」で知られるマンガ家のけらえいこ氏、テレビ東京 テレビプロデューサーの佐久間宣行氏、祖父江里奈氏、幻冬舎 編集の箕輪厚介氏、羽賀千恵氏、ピースオブケイク代表 加藤貞顕

もっとみる

TikTok動画をnoteの記事に埋め込めるようになりました。7月30日にnoteクリエイター向けTikTok勉強会を開催!

メディアプラットフォーム note は、2019年7月9日からショートムービーアプリの「TikTok(ティックトック)」で作成した動画をnoteの記事内に埋め込めるようになりました。世界規模でユーザーが増加して日本ではMAUが950万を突破(2018年末時点)したTikTokと連携ができることで、noteで創作できる表現の幅を広げます。

本機能追加を記念して、noteクリエイターでTikTokを

もっとみる