ピ社のひとびと

189
記事

「職場環境をハックしよう」コーポレートITの仕事論

noteの躍進を支えるエンジニアチーム。プロジェクトの時間軸ごとに短期(カイゼンチーム)、中期(開発チーム)、長期(大局チーム)に分類し、開発スピ...

編集者とは名乗れないけど、それでいいやと思った話。

社会人になって10年間、小学生向けの教材や情報誌の編集をしていた。 そしてビジネス系出版社に転職し、受託で本や社史をつくる編集。一貫して、「編集...

仕事を選ぶ、または続ける3つの基準について

ピ社に入社して1ヶ月が経ちました。 皆さん、区切りの節目でこれまで携わった業務について書かれたりするのですが、私はまだ自分の言葉で表現できない...

noteディレクターとして入社して2年が経ち、noteというサービスに思うこと

こんにちは、piece of cakeの水野です。noteディレクターとして入社してまる2年が経ちました。ずっと途切れず、たくさんの仕事に関わらせていただいてい...

労務こそ、ミッションドリブンでありたい

会社全体での採用強化、noteのドメイン変更、MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)の改定……と会社として新たなフェーズを迎えているピースオブケイ...

ベンチャーファイナンスの視点からみた「うわさのズッコケ株式会社」

ズッコケ三人組という本を知っていますか? 有名なシリーズなので読んだこともある人も多いかと思いますが、読んだことがない方向けに簡単に紹介すると...

就活をやめて、note編集部に入った私が今年一年で感じた、noteの好きなところ

今年の春、ピースオブケイクのnote編集部で働きはじめてから、あっという間に9ヶ月が経とうとしています。 大学卒業後、私は就職をせずに社会人となり...

入社1ヶ月は、伝えることばに神経を尖らせる日々だった

noteをはじめたのは1年ちょっとまえ。文章を書くことが自分のプライベートのいろどりで、生きている実感となるわたしにとって、noteはことばを使って創...

実名でnoteを始めて半年経ちました。

先日とは違って、あんまり意識が高くない話を書きます。特に後半はひどい。 ------------------ 僕がインターネット上で実名で何かを書いたのは、下の...

心地よいタイムラインはあえてつくらない。クリエイターのバリューを最大化させるnoteデ...

noteで創作をはじめたことをきっかけに、メディアに作品が掲載されたり、書籍化が実現したり、あたらしいキャリアを切り拓いたりと、活躍の場を広げるク...