女王様_カバー表1_オビあり

cakesの人気連載「女と男と犬とSM」が、光文社より書籍化されました!

cakes(ケイクス)にて連載されていた、安彦麻理絵さんのコミックエッセイ「女と男と犬とSM」が、3月19日に光文社より『女王様とわたし、ときどき犬』として発売されました。

本作品は、ピースオブケイクが運営するメディアプラットフォームcakes(ケイクス)で連載されたものを加筆・修正のうえ書籍化したものです。

cakesでは、今後もクリエイターが活動の場を広げるサポートをしてまいります。

『女王様とわたし、ときどき犬』
安彦麻理絵feat.貴崎ダリア・作
発売日:2019年3月19日
発行元:光文社
編集担当:須田奈津妃/榎本紗智(ピースオブケイク)

◼︎著者略歴
安彦麻理絵
1969年生まれ、山形県出身。漫画家・エッセイスト。1989年に漫画誌『ガロ』でデビュー。以来、女性の生態を赤裸々に描写する作風で人気を博す。『だから女はめんどくさい』(KKベストセラーズ)、『オンナノコウフクロン』(イースト・プレス)、『酒とナミダとマリエと赤子』(竹書房)、『ババア★レッスン』(光文社)、『ブス活、はじめました。』(光文社知恵の森文庫)など著書多数。

貴崎ダリア
東京都出身。10代のころに読んだSMに関連する文学作品に感銘を受け、交際男性との軽いSMごっこを経験して20代~30代でSMクラブに所属。ミストレス(女王様)として活躍した後引退。現在はプライベートでSMや緊縛などを嗜んでいる。得意なプレイは緊縛および精神的に支配すること。趣味は「人間足置き」集め。身長170センチ。スリーサイズは88、59、87。

◼︎『女王様とわたし、ときどき犬』概要
SM未経験の漫画家・安彦麻理絵が、女王様たちに
女の生きざま、犬のしつけ、育児を学ぶ! ?
女王様あるある、M男性あるあるなど、マニアックな爆笑ネタも満載。
「女が惚れる女、それが女王様……」
好きなことを貫く人間のかっこよさにしびれること請け合い。
(SMに限らず)何かをやってみたくても、自分の殻を破れない方、必読です。

「変態に贈る愛の本。
それは全人間に贈る愛の本。

読む人の琴線触れまくり! ! !
私は女神系女王さまにただひたすら話を聴いて頂きたいです! ! ! 泣! ! ! 」
――犬山紙子(イラストエッセイスト)

やった!また見にきてくださいね!
8

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

プレスルーム

ピースオブケイクのプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。 https://note.pieceofcake.help/hc/ja/categories/360000051281