見出し画像

Makuake実行者向け、note勉強会レポート

ピースオブケイクを飛び出した #出張note勉強会。今回はクラウドファンディングサービスMakuakeとMakuake実行者限定「note勉強会」を開催しました。

画像2


Makuake広報マネージャーの矢内さんに、勉強会を開催する目的を伺いました。

「プロジェクト立ち上げにかける想い」「途中経過の報告」「プロジェクト達成後のお礼」「長期的なファンとの交流」の場として、noteを使ってほしいと考えて、企画しました。プロジェクト単体だけではなく、その後もつづく関係を築いてほしいと思っています。アイデアを実現しようとしている方にオススメなnoteの使い方を伺いたいです。


勉強会でお話するのは、noteディレクターの水野、志村ペア。

画像3

最初は「noteってどんな場所なの?」を説明。みんなが創作を続けやすい場所にできるように「ランキングがない」「広告がない」「編集部がおすすめ記事を紹介する」仕組みを紹介しました。

画像4

画像5

noteは真っ白な場所。だからこそ、「ここでなにをするのか」、旗を掲げることが大事なんです。と語る、水野。

※なにから書けばよいのやら?という方には、こちらの記事もオススメ。


Makuakeでプロジェクトを発案する方にオススメしたのは「読まれるnoteの傾向」でもある「専門家がわかりやすく解説した記事」。

画像9

「この分野なら放っておいても、飲み会で延々語れる」みたいな話は、きっと誰にでもあるはず。そんなネタを書いてみてください!(ヲタが語る推しの話って、すごく面白いですよね)

たとえば…そんなnoteの例でご紹介したのは、こちらの記事。「このレシピ通りに作ると、本当に美味しい(By志村)」


お伝えしたいことは、まだまだたくさんあります。Makuake実行者のみなさんにオススメなのが「ファンを巻き込むnoteの活用術」

画像6

たとえばイベント参加者のレポートをまとめて、マガジンを作ってみたり。

マガジンとは?
お気に入りのノートを集めたり、テーマに沿ったものをまとめたりする機能

ほかにも、支援した方が「届いたよ」とリターンを紹介するnoteをまとめてみるのもオススメ…!

画像8

過去のプロジェクトが並ぶ、Makuakeのエントランス。圧巻…!


Makuakeを実施されていて、上手な使い方例としてご紹介した方々のnoteはどれも勉強になります…!


プロジェクトに関心を持つ方を増やして、ファンの温度を高めて、継続的な関係性を作っていく場としてのnote。新しいアイデアをどんどん実現させる場であるMakuakeとのコラボ、楽しみにしています。

最後は、運営メンバーで。ありがとうございました!

画像1


※マクアケnote勉強会に参加した方のレポート。ありがとうございました!


やった!また見にきてくださいね!
21
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。