見出し画像

TBS NEWS × note「#マンガで報道局 投稿コンテスト」を開催!

ウェブサービスcakesとnoteを運営する株式会社ピースオブケイク(代表取締役CEO 加藤貞顕)は、TBS NEWSと共に、「#マンガで報道局 投稿コンテスト」を2018年2月16日(金)より開催いたします。

募集期間は2018年3月15日(木)まで。あなたの普段の生活や、身の回りでみつけた、じぶん視点の「ニュース」を、「1分程度」で読み切れるようなマンガ、または1枚のイラストで表現してみませんか?
「着眼点の面白さ(当事者性や批評性など)」と「社会問題の提起につながるか(啓発性や読後感)」を基準に審査をさせていただきます。
ストーリー、エッセイ、風刺、4コマなど作品の形態は問いません。プロ・アマ問わず、ぜひご応募ください。また、応募段階での人気の度合いも審査の対象となります。
入選された作品には、賞金最大40万円が贈呈されます。なお、コンテストの審査結果はCS放送「TBSニュースバード」で放送予定です。

■応募要項
募集期間:2018年2月16日(金)〜2018年3月15日(木)
発表:2018年3月下旬頃

審査員:荻上チキ(評論家)、プチ鹿島(時事芸人)、柿内芳文(編集者)、深津貴之(インタラクション・デザイナー)、池田誠(TBSテレビ報道局デジタル編集部/記者)

■募集作品
時事問題はもちろんのこと、あなたの普段の生活や身の回りでみつけた、じぶん視点の「ニュース」を、マンガやイラストで募集します。「1分程度」で読み切れるような分量のマンガ、またはイラストの形式で応募ください。ストーリー、エッセイ、風刺、4コマなど作品の形態は問いません。

例:日常のなにげない風景を切り取ったマンガ / 報道について感じていることを表したマンガ / 最新ニュースをモチーフにしたマンガ / 過去のできごとを思い起こさせるマンガ etc.

■応募方法
noteで「#マンガで報道局」をつけて投稿してください。応募の際は「無料公開」で公開してください。応募段階での人気の度合いも審査の対象になります。

■応募資格
プロ・アマは問いません。作者が著作権を保持している作品であれば、OKです。

■賞金
グランプリ:賞金40万円(1名様)
準グランプリ:賞金20万円(1名様)
審査員特別賞:賞金 5万円(5名様)
佳作:賞金 1万円(10名様)

※コンテストの審査結果はCS放送「TBSニュースバード」で放送予定です。
※応募作品は「TBS NEWS」のSNS等で連載される可能性があります。
※応募作品は地上波「TBSテレビ」で紹介される可能性があります。

くわしくはこちらをご覧ください。
http://tbsnews.note.mu/

■TBS NEWSとは
TBSテレビをキー局とする、日本の民放テレビニュースネットワーク・JNN(Japan News Network)が取材した国内外のニュースを、WEBやSNSなどで展開。フェイスブックでは、民放のニュース公式アカウントとしては最大となる約15万人がフォロー中。noteでは「ニュースが少しだけスキになるノート」from TBSとして、人の顔が見える「小さな物語」を中心に更新中。

「TBS NEWS」サイトURL
http://news.tbs.co.jp
「ニュースが少しだけスキになるノート」サイトURL
https://note.mu/tbsnews

ありがとうございます!ほかのnoteにも遊びに来てください😊
4

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。