cakes連載小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』 が株式会社幻冬舎から発売

株式会社ピースオブケイク(代表取締役CEO 加藤貞顕)の運営するデジタルコンテンツプラットフォームcakes(ケイクス)にて連載されている恋愛小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』(藤沢数希)が、株式会社幻冬舎 (代表取締役社長 見城徹)から発売されました。

本作品は、cakes(ケイクス)にて、発売前から連載掲載(https://cakes.mu/series/3174)し、読者を獲得してまいりました。Amazonでは発売前にもかかわらず、予約段階で日本文学ベストセラー1位を記録しました。すでに発売前、発売当日に2度、増刷がかかっております(6月24日時点)。作品の企画、編集は2社の共同制作となり、事前にウェブ上に中身を連載することでネット上で長期的に話題を喚起し、それから本を出すというスタイルで、長期的な書籍プロモーションを実施するという新たな書籍販売のかたちにチャレンジしています。

『ぼくは愛を証明しようと思う。』
藤沢数希・著
体裁:四六判並製 ページ数:396p 定価:1400円+税 発行元:幻冬舎
発売日:2015年6月24日
編集担当:竹村優子(幻冬舎)、加藤貞顕(cakes)

今後もcakesをデジタルプラットフォームの中核とし、新しい作り方、売り方にもチャレンジしてまいります。

◼︎『ぼくは愛を証明しようと思う。』概要
渡辺正樹、27歳、弁理士。誠実でまじめなことが取り柄だが、恋愛ではいつも失敗ばかり。そんな僕が、ひょんなことから「恋愛工学」のマスターに出会う。そして、真実の愛を探す冒険に旅立った。現代の社会現象にもなっている、男性の「草食化、絶食化」。恋愛に臆病になり、遠ざかっている男性たちの背中を押す、現代の男女関係を生き抜くために戦略的恋愛小説。

Amazon : http://www.amazon.co.jp/dp/4344027787

■cakes(ケイクス)について
クリエイターと読者をつなぐプラットフォームとして、2012年9月にサービスを開始しました。2015年5月現在で約8,800本の記事、約550人以上のクリエイターが、経済、文化、芸能、海外情報など読み手の生活を豊かにするコンテンツを提供しています。クレジットカードは週150円(税込)または月500円(税込)、Apple App内課金は月600円(税込)のうちいずれかの料金を定額でお支払いいただくことにより、記事を閲覧いただけます。

webサイトURL :http://cakes.mu/
iOSアプリ    :https://itunes.apple.com/jp/app/cakes-keikusu/id636423893?mt=8
Androidアプリ :https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.cakes&hl=ja

◼︎著者略歴
藤沢数希(ふじさわ・かずき)
物理学Ph.D. 海外の研究機関で計算実験の研究、外資系投資銀行でトレーディング業務などに従事した後、作家、投資家として独立。日本、アジア、欧米諸国の恋愛市場で培った経験と学生時代より研究を続ける進化生物学の理論、さらには、心理学や金融工学のリスクマネジメントの技法を取り入れ「恋愛工学」という新しい学問を創出。日本有数の購読者数を誇るメールマガジン「週刊金融日記」では恋愛工学の最新の研究論文が発表され、メンバー間で活発に議論が行われている。名実ともに日本最大の恋愛研究コミュニティである。 著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『外資系金融の終わり』(以上、ダイヤモンド社)、『反原発の不都合な真実』(新潮新書)など。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ピースオブケイク 広報 益田・久保
tel : 03-6427-0906
mail:pr@pieceofcake.co.jp

つくる、つながる、とどける。noteです。

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

プレスルーム

ピースオブケイクのプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。 https://note.pieceofcake.help/hc/ja/categories/360000051281