安定かつ短い開発サイクルを実現するため、QAエンジニア・増原が推進する「自動テスト中心の文化」。

こんにちは。noteやcakesを運営する株式会社ピースオブケイクの広報担当キューです。

価値観や雰囲気がフィットする方と一緒に働きたい。中の人をもっと知ってもらいたい。そんな想いから、ピースオブケイクで働く社員を紹介している「#ピ社のひとびと」シリーズ。

今回は「QAエンジニア」として2018年10月に入社した増原さんが登場。QA(Quality Assurance:品質保証)エンジニアは、製品の品質を高めて安定供給を担う仕事です。現在の増原さんは「自動テスト」の構築を中心に note のQAを担当しています。「QAエンジニアとして大切にしていること」をインタビューしました。

【プロフィール】増原 賢秀(ますはら たかひで)
大手Webサービス企業に新卒で入社。QAチームの立ち上げに参加。その後クラウドの労務管理システムを提供する会社へ転職、ブラウザの自動テストの運用等を担当。2018年10月から現職。

「自動テスト中心の文化をつくる」  1人目QAエンジニアの想い

これまで2社で「QAエンジニア」のキャリアを歩んできた増原さん。新たなステージにピースオブケイクを選んだ理由を教えてください。

今まで「カスタマーサポート」「QAエンジニア」として働いてきた経験、「toC」「toB」両方のサービス開発に携わってきた知見を幅広く活かせると思ったからです。加えて、1人目のQAエンジニアとして入社する予定だったことも大きな決め手でした。

利用者が急増している「note」がこれからも成長していくためには、開発者が安心して高速にリリースする仕組みづくりが欠かせません。ユーザーからの期待も注目度も高いので。そのために「自動テスト中心の文化」を1から作っていきたいと考えました。

「なすべきことをなそう」  いま組織に必要だと思うことをすぐに実行していく

−−「ピースオブケイクでは自動テスト中心の文化が作れるのではないか」と考えたのはなぜでしょうか?

発展途上な組織に、1人目のQAエンジニアとして入社できるチャンス。わたしが入社するまでのピースオブケイクにはQAエンジニアがおらず、新機能の動作確認にCTOが駆り出されることもあったそうです。

1人目であれば、自分の意思で業務方針を決めて実行していけるのではないかと考えました。


−−実際に入社してみて、どうでしたか?予想はあたっていましたか?

はい。自動化の推進に関しては、ツールの選定含めて比較的自由にやらせてもらっています。これは入社してから知ったのですが、ピースオブケイクはバリューに「なすべきことをなそう」「まず素早く試そう」を掲げています。この言葉どおり、個人が感じる「今、組織にはこれが必要」というアイデアが尊重されているように感じます。

手動テストの依頼ももちろんあって可能な範囲で対応してます。ただ中長期的には自動テストへ投資した方が良いと考えているので、自動テストの追加やメンテナンスになるべく時間を使うようにしてます。


−−自動テストにフォーカスすることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

エンジニアが開発するサービスや機能を「自信を持って世に送り出せる」安心感を持てようになることだと考えています。高速でくり返しリリースすることが求められているなかで、とても重要な点です。現在、ピースオブケイクは積極的にエンジニア採用をおこなっていますが、エンジニアの人数が増えたとき、さらに効果を実感できるのではと思います。

自動テストの先。開発者がテストコードを書くことを、当たり前の文化に

−−「自動テストの整備」は、具体的にどのようなことを行なっているんでしょうか?

現在は「mabl」というテストツールで、note のブラウザテストを自動化しています。このツールは日本では当社が初めて導入したと聞きました。ユーザーがサービス利用時にとる主要な行動を自動化して、リリース時に既存機能に問題がないかを確認するものです。新機能がリリースされるとシナリオを追加したり、既存の自動テストのメンテナンスをしたりしています。

−−自動テストの整備は、今後どのような方針で進めていくのでしょうか?

必要な自動テストはブラウザテストだけではないので、今後はもっと高速に実行できるユニットテストやAPIの自動テストにも着手していきたいです。一般的にブラウザテストの実行は時間がかかる傾向があり、メンテナンスコストも高い傾向にあります。

MARTIN FOWLER.comより

また「開発者がテストコードを書く文化」を作って、安定した品質のものが次々にリリースされる世界をつくりたいですね。

−−3社経験して、ピースオブケイクの印象はいかがですか?

ユーザーファーストで行動できる人が多い会社です。たとえばサービスでトラブルが発生すると所属関係なく動いたり、これをやった方が良いんじゃないか?と各自が提案して導入に向けて動いたりしています。人数が増えるので、より組織的に対応できる体制づくりが次のステップなのかなと考えています。

わたし自身はもともと思い描いていた「自動テスト中心のQA文化」を作るために、仕事の方針もプロセスも自分で決定できています。想像以上に働きやすさを実感する毎日ですね。


ピースオブケイクでは、エンジニアを募集しています。少しでも興味がある方は、コチラからご応募ください。

スキ、ありがとうございます❤️
28

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

ピ社のひとびと

ピースオブケイクで働く仲間の、お仕事noteや社員インタビュー、イベントレポをまとめるマガジンです。