メディア掲載情報

【掲載情報】デザイナーの川井田、松下がSELECKのインタビューを受けました

サービス設計の指針は「noteさん」の人格。MAU1,000万突破・noteのブランディング術
~「noteらしさ」を、デジタル・リアル両面の体験で表現する方法とは? サービスブランディングを支える、デザイナーチームの取り組みを紹介~

デザイナーの松下、川井田が現場の事例から学べるビジネスメディア「SELECK」の取材を受けた記事が、公開されました。

-「売上」ではなく「noteらしさ」を実現するためのサービス改善を
-「noteらしさ」を明確にするため、絵と文言で「人格」を定義
-「noteがやっていて違和感がないか」を基準に、文言を変更
- デジタルに加えて、リアルの体験も。noteらしさを空間やモノで表現
- すべてのクリエイターが住みやすい「街」づくりを目指して

といったnoteらしさを保ったまま、サービスを成長させていく取り組みについて語っています。ぜひ、ご覧ください。

ありがとうございます!ほかのnoteにも遊びに来てください😊
12

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

プレスルーム

ピースオブケイクのプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。 https://note.pieceofcake.help/hc/ja/categories/360000051281
1つ のマガジンに含まれています