見出し画像

noteが電子出版アワード2019、大賞とデジタル・インフラ賞をダブル受賞しました

一般社団法人日本電子出版協会(JEPA)が実施する「JEPA電子出版アワード2019」の大賞とデジタル・インフラ賞を、noteがダブル受賞しました。

noteはクリエイターが創作活動をおこなうメディアプラットフォームとして、2019年9月には月間アクティブユーザーが2000万人を突破。まさにデジタルコンテンツのインフラとよべるサービスとなっていることを評価されました。

代表取締役CEO 加藤貞顕のコメント

画像1

noteは、あらゆるクリエイターが創作を発表できるインフラを目指して、2014年4月にスタートしました。始めた当初はまだ利用者も限られていましたが、5年かけて月間2000万人以上の方が訪れるまでに成長しています。今回は「電子出版市場で基盤としての大きな役割を果たした(それが期待される)インフラサービス」に送られる「デジタル・インフラ賞」だけでなく「大賞」まで頂くことができ、たいへん光栄に思っています。これからも、みんなが日常でつかう、定番のサービスに成長させていきたいです。

授賞式当日の様子(動画でご覧いただけます)

JEPA電子出版アワード

https://www.jepa.or.jp/awardinfo/
JEPA電子出版アワードは2007年より日本の電子出版の普及と技術の向上を目的として開始され、今年で13年目となります。選考委員によってエントリーされたサービスの中から一般・会員社によるネット投票によりデジタル・インフラ賞をはじめとした各ジャンル賞5作品が選出され、各ジャンル賞の中から授賞式当日の会員社・選考委員による投票により大賞1作品が選出されます。



スキ、ありがとうございます❤️
38
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。