書籍一覧_2018_copy

cakesやnoteから生まれた書籍一覧(2018年)

ピースオブケイクでは、cakesやnoteのクリエイターの方々の創作活動を支援するために「クリエイター支援プログラム」で、多数の出版社やメディアの方々とパートナーシップを結んでいます。

特に「書籍出版」はクリエイターの方にとって、活躍する場を広げるたいせつな出口の1つと位置づけています。

クリエイターの方々がピースオブケイクのサービスを使ったことで、次のステージに近づけたり、日常に変化がおきたり、あたらしい仲間にであえることは、なにより嬉しいことです。

この記事では、2018年の間に、ピースオブケイクのサービスから生まれた書籍をご紹介します。

出版前にcakesで連載いただいたもの、ピースオブケイクが編集にたずさわったもの、cakesやnoteの連載が話題をよんで書籍化のオファーがきたもの、note主催のコンテストに応募したら、メディアでの連載がはじまって書籍化された…その経緯はさまざまです。ぜひ、この機会にご覧ください。

ほかの年に生まれた書籍はこちらから。
2013〜2015年2016〜2017年2019年

ブルックリンでジャズを耕す 大江千里


臆病な詩人、街へ出る。 文月悠光


わたし、恋人が2人います。  きのコ 


ヲタ夫婦2:ヲタ卒は結婚より難しい。 藍 


「自己肯定感」の低い私が幸せになった5つのステップ akko 


キミのお金はどこに消えるのか 井上純一


スープ・レッスン 有賀薫 


ビジネスモデル2.0図鑑 チャーリー 


うんちはすごい   加藤篤(日本トイレ研究所)


矛盾社会序説 白饅頭 


つくる、つながる、とどける。noteです。
13
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。