やれたかも委員会1

cakesの人気連載『やれたかも委員会』が、双葉社より書籍化されました!

株式会社ピースオブケイク(代表取締役CEO 加藤貞顕)が運営するデジタルコンテンツプラットフォームcakes(ケイクス)にて連載されていた、吉田貴司さんのマンガ「やれたかも委員会」が、6月28日に双葉社より『やれたかも委員会 1巻』として発売されました。

本作品は、ピースオブケイクが運営するメディアプラットフォームnote(ノート)で発表され、ネット上で大きな話題となりました。その後、ウェブメディアcakes(ケイクス)でも連載されたものを加筆・修正のうえ書籍化したものです。

『やれたかも委員会 1巻』
(吉田貴司・作)

noteとcakesでは、今後もふたつのメディアの特性をいかして、クリエイターが活動の場を広げるサポートをしてまいります。

『やれたかも委員会 1巻』
吉田貴司・作
発売日:2017年6月28日
発行元:双葉社

◼︎著者略歴
吉田貴司
2006年「弾けないギターを弾くんだぜ」でデビュー。主な著作に「フィンランド・サガ(性)」(講談社刊)「シェアバディ」(原作担当/小学館刊)など。


◼︎『やれたかも委員会 1巻』概要
新作が発表されるたびツイートが拡散! ネット発のヒット漫画の単行本化。
男なら(女でも)誰にでもある「やれたかもしれない夜」を回顧し愛おしむノンフィクション的漫画。
「あの日、俺は…やれたのか!?」 答えのない謎、永遠の未完成、起承転結の結だけは永久に書かれることのない恋愛……。
そんな甘い痛みとしょうもなさを、デティール細やかに描いた傑作!
Amazon : https://www.amazon.co.jp/dp/4575312738/

スキ、ありがとうございます❤️
3

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。