文化通信にcakes(ケイクス)についてのインタビューが掲載されました

「編集者の仕事の半分以上は、本を売る仕事だと思っています。最近、マスマーケティングがとにかく効きません。電子書籍では、さらに顕著です。(中略)デジタルでは一層、セグメント化され、より細かいマーケティングが必要です。セグメントのことや、商品の中身について理解している編集者が行うのが、いちばんふさわしい気がします」

文化通信10月8日号8面(企画面)ピースオブケイク代表取締役CEO加藤貞顕氏インタビュー(本文より抜粋)

やった!また見にきてくださいね!

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

プレスルーム

ピースオブケイクのプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。 https://note.pieceofcake.help/hc/ja/categories/360000051281