見出し画像

制作費300万円の映画『メランコリック』の試写会&トークイベントを7月15日に開催ー国内外の映画賞を受賞した話題作の監督・俳優陣 × アップリンク代表の浅井氏

ピースオブケイクは、2019年7月15日に8月3日より公開の映画『メランコリック』の試写会とトークイベントを本社イベントホールで開催します。

300万円の制作費で撮影された本作は、東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門の監督賞を受賞。『カメラを止めるな!』が受賞したことでも話題になった、ウディネファーイースト映画祭で新人監督作品賞も受賞するという快挙を成し遂げ、第二の『カメ止め』への期待が高まっています。

当日は『メランコリック』の本編を上映後、監督・俳優陣でもある映画製作ユニットOne Goose(ワングース)の3人に登場いただきます。

本作にかけた思いや、制作の裏側のお話などを伺います。聞き手はnoteクリエイターで、本作品の上映/配給先であるアップリンク代表の浅井隆氏が務めます。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。」をミッションに掲げる当社では、映画作品を盛り上げ、noteを使ってくださっているクリエイターの方々と起きる化学反応を楽しみたいと考えています。


『メランコリック』の試写会&トークイベント 概要

【日時】2019年7月15日(月・祝)19時〜22時(開場:18時半)
第一部:映画上映
第二部:田中征爾監督、皆川暢二さん(主演・プロデュ―サー)、
磯崎義知さん(出演&アクションシーンの演出)によるアフタートーク
聞き手:浅井隆さん(アップリンク代表)

【会場】株式会社ピースオブケイク(外苑前駅から徒歩4分)
【定員】先着80名
【参加費】無料

【申し込み方法】コチラのフォームに必要事項を記入のうえ、申込み
【問い合わせ先】note運営事務局 dir@pieceofcake.co.jp

メランコリックについて

映画製作ユニットOneGoose(※)の初長編作品として、製作費300万円の自主体制で製作されました。
※俳優・皆川暢二、磯崎義知、監督・田中征爾が立ち上げた映像製作団体

<受賞歴>
2018年11月 東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞
2019年5月 イタリアウディネファーイースト映画祭新人監督作品賞

<あらすじ>
バイトを始めた銭湯は、深夜に風呂場で人を殺していた──!?

名門大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた主人公・和彦。ある夜たまたま訪れた銭湯で高校の同級生・百合と出会ったのをきっかけに、その銭湯で働くこととなる。そして和彦は、その銭湯が閉店後の深夜、風呂場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。そして同僚の松本は殺し屋であることが明らかになり...。
                                 (2018年/カラー/日本/DCP/シネスコ/114分)


監督・脚本・編集:田中征爾
出演:皆川暢二、磯崎義知、吉田芽吹、羽田真、矢田政伸、浜谷康幸、ステファニー・アリエン、大久保裕太、山下ケイジ、新海ひろ子、蒲池貴範 他

撮影:髙橋亮
助監督:蒲池貴範
録音:宋晋瑞、でまちさき、衛藤なな
特殊メイク:新田目珠里麻
TAディレクター:磯崎義知

キャスティング協力:EIJI LEON LEE
スチール撮影:タカハシアキラ
製作:One Goose
製作補助:羽賀奈美、林彬、汐谷恭一
プロデューサー:皆川暢二
​宣伝:近藤吉孝(One Goose)
ポスターデザイン:五十嵐明奈
後援:VーNECK、松の湯
宣伝協力:アップリンク
配給:アップリンク、神宮前プロデュース、One Goose


『メランコリック』の試写会&トークイベント 出演者

田中征爾(たなか・せいじ)さん/監督・脚本・編集

1987年8月21日生まれ。福岡県出身。
日本大学芸術学部演劇学科を中退後、映画を学ぶ為にアメリカはカリフォルニア州の大学に編入。 帰国後は舞台の演出及び、脚本執筆をしつつ、映像作品を製作。現在はベンチャーIT企業で動画制作を担当。第31 回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にて初長編監督作『メランコリック』が上映、監督賞を受賞。第21回ウディネファーイースト映画祭でも新人監督作品賞を受賞。

皆川暢二(みながわ・ようじ) さん/主演・プロデューサー

1987年10月23日生まれ。神奈川県出身。
高校卒業後、体育教師を目指し大学に進学したものの、ひょんなきっかけで俳優の道を志す。 小劇場を中心に活動していたが日本に居辛さを感じた為、ワーキンクグホリデーを活用しカナダに一年滞在。 その予定だったが、滞在期限残り3ヶ月を切り、思いつきでカナダからアメリカ自転車縦断、アメリカ横断に挑戦。 様々なトラブルを経験しながらも、多くの人たちの助けもあり、約7,000kmを経てゴールであるニューヨークに 到着。 帰国後は映像作品を中心に俳優業を再開したが、自身の手で映画を作りたいという思いが強くなりOne Gooseを発起。2018年映画『メランコリック』を主演兼プロデューサーという形で制作。 俳優 / プロデューサー / 旅人という様々な草鞋を履きながら既存の映画・俳優の在り方とは違う、新たな道筋を作りたいとチャレンシジ中。

磯崎義知(いそざき・よしとも)さん/出演、アクションシーンの構成・演出

1988年3月14日生まれ。鹿児島県出身。
幼少期より演じることに興味を持ち、クラーク記念国 際高校パフォーマンスコースに入学。高校3年間で40本以上のイベントステージや演劇舞台公演を経験し、6本の映像作品に出演する。 高校卒業後はロンドンに演劇研修に行き、日本大学藝 術学部演劇学科演技コースに入学。現在も映像を中心に俳優として活動する一方で、幼い 頃からの武道の経験を活かしTA directorとしても活動中。準主役・アクションシーンの構成・演出も担当。

『メランコリック』の試写会&トークイベント 担当者コメント

本作品を上映/配給するアップリンク代表の浅井隆さんがnoteを使ってくださっていて、お話をしていく中で「やってみよう」となったのが今回の企画です。 

※浅井さんnote

以前にnoteで『カメラを止めるな』の投稿企画をnote編集部からのお題として募集したところ、多くの投稿が寄せられました。今回上映することになった作品『メランコリック』は、低予算ながら国内、海外の映画祭にて高い評価を受けており、昨年に次ぐ盛り上がりを見せるのではと考えています。

noteでは『だれもが創作をはじめ、続けられるようにする』をミッションにしています。今回の上映イベントがnoteを使ってくださっているクリエイターの方々とどういった化学反応を起こすのか。とても楽しみにしております。(note ディレクター玉置敬大)


アップリンクについて

30 年以上にわたって、世界中の多様なインディーズ作品を届けることで日本のカルチャーを盛り上げてきた映画の配給/上映会社。マイクロミニシアター「アップリンク渋谷」やパルコと共同運営する「アップリンク吉祥寺」では、連日10作品以上の映画を上映するほか、トークショーやワークショップも開催。自分の生活をクリエイトしようとする人たちのサイト「webDICE」では、映画やカルチャーに関する情報を発信しています。

URL:https://www.uplink.co.jp/


note(ノート) 

メディアプラットフォーム note は、クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるウェブサービスです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。プロもアマも混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、現在までに約350万件の作品が誕生して月間アクティブユーザー数は1000万人に達しています。


株式会社ピースオブケイク

ピースオブケイクは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。多彩なクリエイターや出版社と連携しているコンテンツ配信サイト・cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階
設立日:2011年12月8日
役員:代表取締役CEO 加藤貞顕

つくる、つながる、とどける。noteです。
12

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

プレスルーム

ピースオブケイクのプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。 https://note.pieceofcake.help/hc/ja/categories/360000051281