見出し画像

ヒューマンアカデミーでのnote勉強会、開催レポート。

noteを書いていたら、なにかいいことある。

「みんなに読んでもらえた」
「おなじ趣味の友人ができた」
「クリエイターとしての収入を得られるようになった」

…そんな体験をする人を増やしたくて、ピースオブケイクでは日々いろんなことをしています。

その1つ。先日、「出張note勉強会」を開催しました。

画像1

画像2

参加したのは、ヒューマンアカデミーの「シナリオカレッジ」に通っている学生のみなさん。

シナリオカレッジでは、脚本家やシナリオライター、コピーライター、編集者をめざす学生が、ゲームのシナリオを考えたり、ビジネスコミックの原作を考えたり、色々な課題に挑戦しています。

そして!授業の一貫として「note」を取り入れることになりました!!(うれしい!)

課題の提出はもちろん、なんとなんと日常をつづったエッセイもふくめて、noteに書いたものはなんでもポイントになります。「書く習慣をつけてほしい」と語る鈴木英仁先生。

※フリーランスのシナリオライターをされている鈴木先生。過去には、3DS「ぼくらはカセキホリダー」「スーパーカセキホリダー」、PSVITA「おそ松さん THE GAME はちゃめちゃ就職アドバイス -デッド オア ワーク-」、ペルソナ3のドラマCDなどのシナリオ執筆。現在はNintendo Switchのゲームを開発中。

画像3

創作意欲あふれる方にとって、こんなに公私混同できる授業、ないのでは…!

note勉強会の先生役で登場したのは、ディレクターの志村さん。真剣に講座の準備中。

画像4

画像5

みなさんの関心が高いのは「どうしたら自分のnoteを読んでもらえるのか?」

月間利用者が1000万を超えているnoteで「1000万人、全員に届けたい」と考えると難しい。

自分のnoteをどんな人に届けたいか?
noteを通じて、どんな人と話したいか?

を考えて、noteを書いてみましょう。と熱く語る志村さん。

画像6

さまざまな機能を紹介するなかで、将来シナリオのプロを目指すみなさんにオススメしていた機能の1つは「仕事依頼」。

現時点でなにか依頼がなくても、自分ができること、アツく語れることを書いておくと、ふとしたときにチャンスが訪れるかも……!

参加された学生たちの感想を少しだけご紹介。

「スキ」を押してもらったときや、サポートのリアクションを設定できることを知らなかった。自分らしさが表現できるので、使ってみたい。
音楽をそのままnoteに入れられる機能が気に入った。自分のことを知ってもらうのにすごく便利。
著名な人が自分の仕事をつづったnoteがたくさんあった。将来に役立ちそうなので、読んで勉強したい。


最後に、こんな質問がありました。

noteでコミュニティを広げていくには、どうすれば良い?

自分が好きなクリエイターさんへ「スキ」や「コメント」をしたり、Twitterでやり取りをしてみたり、コミュニケーションをとってみましょう。

お題企画への投稿もオススメ。ほかの投稿者の作品を読んでいる人も多いので、交流の場として積極的に参加してほしい。

noteを「ラブレター」として使うのも一手です。好きなクリエイターのnoteを埋め込んだ記事を書くと、その方に通知がいくようになっています。使われたほうは純粋に嬉しいし、そこでコミュニケーションが生まれます。


最後に鈴木先生から、アツいコメントがありました。

画像7

いいものを書くことはもちろん大事。そして自分の作品をどうやって広めていくかもすごく大事。

noteでは「スキ」のリアクションで自分の個性を見せることができるし、ファンとのコミュニティ作りを学べる場でもある。ファンがファンを呼ぶ流れも作れる。

自分がnoteでなにを実現したいのか。理想の姿を思い浮かべて、1つ1つ階段をのぼっていきましょう!

最後に全員で集合写真。

画像8

鈴木先生、これからの授業での活用、楽しみにしています!!!

画像9


※オマケ
noteとはどんな場所なのか?は、代表の加藤がnote5周年のタイミングで公開した記事をご覧ください。


ピースオブケイクでは、定期的に個人や法人向けの勉強会を開催しています。「noteイベント情報」で随時告知をしているので、足を運んでみてください!


ありがとうございます!ほかのnoteにも遊びに来てください😊
24

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

ピ社のひとびと

ピースオブケイクで働く仲間の、お仕事noteや社員インタビュー、イベントレポをまとめるマガジンです。