cakes連載企画、水野仁輔氏の新刊『いちばんおいしい家カレーをつくる』が、発売!

株式会社ピースオブケイク(代表取締役CEO 加藤貞顕)の運営するデジタルコンテンツプラットフォームcakes(ケイクス)上の連載が、『いちばんおいしい家カレーをつくる』(水野仁輔・著)として、5月31日に株式会社プレジデント社から発売されました。

本書は、cakes(ケイクス)で連載していた『ファイナルカレー』を、書籍として再編集したものです。カレーの達人・水野仁輔氏が、20年以上かけてたどり着いた、普通の材料だけでつくる極限の味「ファイナルカレー」のレシピをくわしく解説した一冊です。

『ゼロ』『嫌われる勇気』『ぼくは愛を証明しようと思う。』『最後のダイエット』などと同様に、cakes上で連載形式で内容を全文掲載し、それを本にするという新しい作り方をしております。発売前よりウェブ連載をして読者を集め、それを本にすることでベストセラーを目指します。


画像1

定価:1500円+税
発行元:プレジデント社
発売日:2017年5月31日
全国書店、Amazonなどで好評発売中!


今後もcakesをデジタルプラットフォームの中核とし、新しい本の作り方、売り方にもチャレンジしてまいります。

◼︎『いちばんおいしい家カレーをつくる』概要
普通の材料でつくる極限の味。
カレーの達人が20年以上かけてたどり着いた究極のレシピ、
その名も「ファイナルカレー」。

・子どもから大人までみんな大好きなルウを使った「欧風カレー」
・毎日食べても飽きないスパイスを使った「インドカレー」
・欧風カレーとインドカレーのいいとこどりをした「ファイナルカレー」

3つのレシピとカレーをおいしくするための調理のコツを、余すことなく詰め込んだレシピ本にして、あなたのカレー観を一新する1冊です。
Amazon : http://amzn.asia/9Y8spYU

◼︎著者略歴
水野仁輔(みずの じんすけ)
AIR SPICE 代表。1974年、静岡県浜松市生まれ。カレーにまつわるさまざまなことについてのスペシャリスト。1999年に出張料理集団「東京カリ~番長」を結成。カレーに特化したコンテンツ創造プロジェクト「カレー計画」で、様々なプロジェクトを立ち上げている。
これまで出版してきたカレー本は40冊以上。カレー活動が多岐にわたりすぎて、本人としても「聞かれたときに自分でも説明しにくくて、昔から困っています(笑)」とのこと。糸井重里氏から「カレースター」の肩書を授かり、現在、ほぼ日と「カレーの学校」で授業を行っている。2016年の春に、本格カレーが作れるスパイスセットを届けるサービス、「AIR SPICE」をスタートした。http://www.airspice.jp/

スキ、ありがとうございます❤️
3
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。