ピースオブケイクが運営するコンテンツ配信プラットフォーム『cakes』は、早川書房と提携し、 2015年1月24日(土)よりSF専門誌〈SFマガジン〉のコンテンツ配信を開始しました。

株式会社ピースオブケイクが運営するコンテンツ配信プラットフォーム『cakes』は、早川書房と提携し、2015年1月24日(土)よりSF専門誌〈SFマガジン〉のコンテンツ配信を開始しました。https://cakes.mu/posts/8120

SF評論家・翻訳家の大森望氏によるコラム「大森望の新SF観光局 cakes出張版」のほか、最新のSF関連書籍・映画レビュウ、注目の新刊プレビューなど、時事性の高い記事を中心に、週に数本ずつ配信していきます。

【cakes】
クリエイターと読者をつなぐプラットフォームとして、2012年9月にスタートし、2015年1月現在7,000本以上の記事、400人以上のクリエイターが、経済、文化、芸能、海外情報など読み手の生活を豊かにするコンテンツを提供しています。
web https://cakes.mu/ apps https://cakes.mu/landing_app

【ピースオブケイク概要】
2012年9月、クリエイターと読者をつなぐプラットフォーム『cakes』(https://cakes.mu/)をローンチしました。デジタル領域にとどまらず、書籍化、映像化等、デジタルコンテンツの新しいビジネスモデルを構築しています。2014年4月には、文章、写真、イラスト、音楽、映像を手軽に投稿できる『note』(https://note.mu/)のサービスを開始しました。『note』に投稿されたクリエイティブは購入することができ、クリエイターとユーザーの新しいコミュニケーションを実現しています。ピースオブケイクは、デジタルコンテンツの未来をリードする企業であることを目指して、クリエイターと読者をつなぐ楽しい仕組みをこれからも構築してまいります。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ピースオブケイク 広報担当
mail:pr@pieceofcake.co.jp

つくる、つながる、とどける。noteです。

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

プレスルーム

ピースオブケイクのプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。 https://note.pieceofcake.help/hc/ja/categories/360000051281