登壇情報

10月27日「本の学校出版産業シンポジウム 2019 in 東京」に代表・加藤が登壇します。


本の学校は1995年の開校以来、「大山緑陰シンポジウム」や「出版産業シンポジウム」など、本の未来を考えるための活動を行っています。今年も本にかかわるさまざまな立場の人々が集う場として、“本の街”神保町で4つのフォーラムを開催。当社代表の加藤が、柿内芳文氏と対談を行ないます。

ぜひ、足をお運びください。

【日時】2019年10月27日(日) 12:30~15:50 (12:00受付開始)
【会場】
専修大学神田キャンパス 地図 (最寄り駅:神保町、九段下、水道橋)


第2フォーラム「新しい出版──編集の未来と原点を語る」(12時30分から14時)

コンテンツ配信サイト「cakes」と、クリエイターと読者をつなぐメディアプラットフォーム「note」を展開し、広告収入以外の事業モデルを確立して、成長を遂げているピースオブケイク代表の加藤貞顕氏。『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』や『嫌われる勇気』『漫画君たちはどう生きるか』の3つのミリオンセラーを編集し、立ち上げた新会社STOKEでは「教育」×「出版」の分野も編集していく柿内芳文氏。数々のヒットを生み出しながら、常に新しい挑戦を続けるふたりの原点には「編集」があります。最前線で活躍する二人に、「編集」の未来と原点を語っていただきます。(告知サイトより)

【パネリスト】

加藤貞顕氏(ピースオブケイク代表取締役CEO)
柿内芳文氏(編集者/STOKE代表取締役)

【参加費】

フォーラム(通し券) 2000円(学割:1000円)
交流会 4500円(学割:3500円)

お申し込み方法やイベントの詳細は、以下リンクからご確認ください。


スキ、ありがとうございます❤️
8

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

プレスルーム

ピースオブケイクのプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。 https://note.pieceofcake.help/hc/ja/categories/360000051281