190528_-_新規__1_

note クリエイター支援プログラムにセブン&アイ出版、大和書房、TOKYO FM、早川書房、PHP研究所はじめ10社が新たに参画。合計43パートナーになりました。

ピースオブケイクは、note クリエイター支援プログラム(以下、本プログラム)のパートナーシップを青山ブックセンター、イースト・プレス、セブン&アイ出版、大和書房、TOKYO FM、徳間書店、トレンド・プロ、早川書房、PHP研究所、平凡社(50音順、敬称略)と新たに締結しました。2018年4月にはじまった本プログラムのパートナーは合計43に広がり、TOKYO FMはラジオ局で初の参画です。note のクリエイターが活躍する場を広げるために、さまざまな強みを持つパートナーとともに創作を続けやすい環境づくりをしていきます。


note クリエイター支援プログラム

note クリエイターが活躍する場を広げるために、ピースオブケイクがパートナーとともに才能の開花を後押しするプログラムです。note で話題のクリエイターを定期的にパートナーへご紹介。関心を寄せたパートナーからのオファーは、責任をもって当社がクリエイターへ届けます。書籍化やメディアでの連載、マネジメント契約、番組への出演など、クリエイターの個性とパートナーの強みや特性に応じた活動支援を行なっていきます。作品が書籍や映像化に至ったときは、当社も販売促進のお手伝いやアドバイスを行ないます。

参考記事:本プログラムのパートナーインタビュー


note クリエイター支援プログラムの実績

本プログラム発の書籍「定番の“当たり前”を見直す 新しい料理の教科書」(著者:樋口直哉さん、発行元:マガジンハウス)が2019年1月に刊行。note で話題をあつめ cakes でも連載中の日常系ギャグ漫画「おばさんデイズ」(著者:まめさん、発行元:扶桑社)、note 主催のクリエイターコンテストで入賞して cakes で連載中のエッセイ「山小屋ガールの癒されない日々」(著者:吉玉サキさん、発行元:平凡社)の2冊が2019年6月21日から発売。現在予約受付中です。


参考:note を活用した書籍販促の例

note で公開した「2017年後半に感動したビジネスモデルまとめ10個」の記事をキッカケに書籍化されて、発売から10日で3刷が重版されたチャーリーさん(近藤哲朗さん)の書籍「ビジネスモデル2.0図鑑」。

書籍化にあたっては、チャーリーさんが立ち上げた有志メンバーのコミュニティ「ビジネスモデル図解制作委員会」で制作がすすめられました。その後、書籍の予約販売開始に合わせて note に書籍の内容を全文掲載する試みは、大きな反響がありました。

本書籍のもとになった「ビジネスモデル図解シリーズ」の note は、本プログラムのパートナーでもある日本経済新聞社の「日経MJ」に連載されました。※当該記事は日本経済新聞の電子版にも転載。

ピースオブケイクはコンテンツの販促ノウハウもパートナーと共有しながら、クリエイターの創作活動をサポートします。


提携パートナー募集

すぐれた才能を発掘して世に送り出すことは 、note が果たすべき役割の1つです。趣旨に賛同いただけるパートナーを広く募集しております。本プログラムへの参画をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先:dir@pieceofcake.co.jp

メディアプラットフォーム note は、クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるウェブサービスです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。プロもアマも混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、現在までに約350万件の作品が誕生して月間アクティブユーザー数は1000万人に達しています。


スキ、ありがとうございます❤️
43
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。