臆病な詩人_cover帯なし

cakesの人気連載「臆病な詩人、街へ出る。」が、立東舎より書籍化されました!

株式会社ピースオブケイク(代表取締役CEO 加藤貞顕)が運営するデジタルコンテンツプラットフォームcakes(ケイクス)にて連載されている、文月悠光さんのエッセイが、2月16日に立東舎より『臆病な詩人、街へ出る。』として発売されました。

本作品は、ピースオブケイクが運営するメディアプラットフォームcakes(ケイクス)で連載されたものを加筆・修正のうえ書籍化したものです。

『臆病な詩人、街へ出る』(文月悠光・著)

cakesでは、今後もクリエイターが活動の場を広げるサポートをしてまいります。

『臆病な詩人、街へ出る。』
文月悠光・著
発売日:2018年2月16日
発行元:立東舎

■著者略歴
文月悠光(ふづき・ゆみ)
詩人。1991年北海道生まれ、東京在住。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年生のときに発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。早稲田大学教育学部在学中に、第2詩集『屋根よりも深々と』(思潮社)を刊行。2016年、初のエッセイ集『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、第3詩集『わたしたちの猫』(ナナロク社)を刊行する。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、詩作の講座など広く活動中。

■『臆病な詩人、街へ出る』概要

「早熟」「天才」と騒がれた女子高生は、今やどこにもいない。残されたのは、臆病で夢見がちな冴えない女——。
「ないない」尽くしの私は、現実に向き合うことができるのか?
18歳で中原中也賞を受賞した著者が、JK詩人からの脱却を図った体当たりエッセイ集。
連載時、話題を呼んだ「私は詩人じゃなかったら「娼婦」になっていたのか?」を始め、初詣から近所の八百屋、海外からストリップ劇場まで、詩人の気の向くままに「街へ出る」体験記です。web連載に書き下ろしエッセイを2篇追加した決定版になります。

岸本佐知子・推薦の言葉
「これはコントローラーのないRPG。
冒険の最後に詩人が見つける宝石みたいな言葉は、
私たちの胸も明るく照らす。」

Amazon : https://www.amazon.co.jp/dp/4845631792

ありがとうございます!ほかのnoteにも遊びに来てください😊
3

株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。