株式会社ピースオブケイク

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

なぜ今noteが、ビジネス部門を強化するのか

これまでサービスを利用するクリエイターを最優先し、機能の開発や企画を実践してきたピースオブケイク。Valueに掲げる「クリエイター視点で考えよう」を実現するために一...

【掲載情報】デザイナーの川井田、松下がSELECKのインタビューを受けました

サービス設計の指針は「noteさん」の人格。MAU1,000万突破・noteのブランディング術 ~「noteらしさ」を、デジタル・リアル両面の体験で表現する方法とは? サービスブラ...

【掲載情報】8/28 朝7時5分〜BSテレ東の「日経モーニングプラス」で紹介されます。

番組内で放送される「職レポ〜令和を働く〜」で、cakesで「左ききのエレン」を連載中の人気マンガ家・かっぴーさんが密着取材を受けました。 ピースオブケイク社内でも撮...

ピースオブケイク社員の登壇情報まとめ(2019年9月)

このnoteでは9月の「社員登壇情報」をまとめています。※勉強会やイベントへのお声がけ、ありがとうございます! noteディレクター 平野(@yriica) 「老後2000万円?!...

noteクリエイター支援プログラムに朝日新聞出版、少年ジャンプ+、日経BP、BuzzFeed Japan、Buisiness Insider Japanはじめ10パ...

ピースオブケイクは、noteクリエイター支援プログラムのパートナーシップを朝日新聞出版、飛鳥新社、クロスメディア・パブリッシング、少年ジャンプ+、日経BP、BuzzFeed J...

【掲載情報】週刊エコノミストで加藤のインタビューと各サービスが紹介されました

広告に依存しないウェブ媒体 「note」「タグマ!」のチャレンジ(2019年8月27日号)で、代表加藤のインタビューと弊社が運営する cakes、note、note proが紹介されました。...